「仰げば尊し」という大好きな曲とともに感心とれるドラマを観れた場合

わたくしは「仰げば尊し」という曲が好きです。
卒業等級の時に卒業生一同で歌うことしか機会が無い上に、
最近の学園の卒業等級ではこういう歌を歌わなくなって要る事が残念でたまりません。
医師の存在から、医師自らへの恩を有難うという趣旨の歌を、教え子です卒業生に歌うことを強制することは、
確かにおかしなことだとは思いますが、
逆に言えば、恩を趣尊いと思える医師がいなくなったとも言えるのではないかと思うのです。
現在の学園で、卒業等級にこういう「仰げば尊し」を歌う学園が如何程あるのかわかりませんが、
一般的な流行として、卒業等級でこういう歌を歌わせる事を辞めさせている動向が切ないとしてある。
 一方、卒業等級に歌うか歌わないかという論点ではなく、楽曲として見て場合に、
こういう歌はとてもうまい楽曲です。
配慮になった学園といった医師に恩恵を感じて、有難うという気持ちで卒業して出向くさんを描いた詞で、
音質道順も哀愁があり、安心の感覚が相当一心に表されておる気がしてある。
こういう歌を聴く度に、わたくしは頭が温かくなり、若かりし自分が卒業等級で立って歌ったときの感覚がよみがえるのです。
清々しいのに寂しくやるせない情熱がメモリーされるのです。
 こういう楽曲呼び名がタイトルになったドラマが今週の週末に終わりました。
TBSの日曜劇場で放映されていた「仰げば尊し」だ。
少し荒れていた高校生に、吹奏楽部の顧問として招かれた元音楽家の医師が、
真摯に教え子たちといった向き合い心を通わせて、荒れた高校生を盛り返し、吹奏楽コンクールで津々浦々フェスティバルに参加を許すまでのお喋りでした。
寺尾聡君が顧問の医師を演ずる主演でしたが、見事な能率で、毎回心を打たれていました。
私の大好きな「仰げば尊し」の曲が過ぎ行き、その歌を歌うに相応しい寺尾聡君演ずる医師のコーディネートに、
心が洗われ、各週感動していました。
そういった医師が学園にいてくれたら、教え子はとってもうれしいだろうなーと思える医師でした。
ドラマ自体が終わった事は本当に残念ですが、三か月にかけて各週週末の夜に、心が綺麗になる事ができて甚だ嬉しい事でした。ドラゴンストラテジーfx 評判